福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

わたしたちの島根(まち)では、さまざまな地域で、人々が支え合いながら安心して暮らせるまちづくりのための活動が実施されています。県および市町村の社会福祉協議会はそうした地域の皆さんの活動を、応援しています。


自治会区における活動

隠岐の島町西郷中町町内連合会に組織する「えんつくりの会」では、地域の「縁」をよみがえさせる新しい仕掛けとして、近隣間で安否確認を行う「地域一円縁つくり事業」に取り組んでいます。向こう三軒両隣的な近所づきあいの延長として、無理のない程度で、高齢者一人暮らし世帯等の訪問を行うことが、不安を取り除いたり、ちょっとした困りごとへの迅速な対応につながっています。

また、東西に長く、閉店により店舗が点在するようになった町内の商店街では、買い物に出かけて荷物を持ち帰るのも一苦労のため、さらに人出が少なくなっていくという課題がありました。そこで所々で休憩ができるように「お出かけベンチ」というアイデアを提案し、町内4か所に設置しました。ベンチのおかげで安心して外出ができるようになり、買い物帰りに休憩したり、会話をしたり、住民の憩いの場としても活用されています。また、このベンチの管理を子供会が行うことで、住民と子供との交流も出来てきました。

社協の応援・取組
「住みよい地域づくり事業」助成金(隠岐の島町社協)
「しまね流自治会区小地域福祉活動推進事業」助成金(島根県社協)


地域で取組む子育て支援

雲南市佐世地区振興協議会の運営する子育てサロン「ぽっぽ」は、毎月第二木曜日の午前中に開設しているフリースペース型のサロンです。毎回、子育て中のお 父さんやお母さん、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが気軽に参加し、不安や悩みを共有したり、仲間づくりや、交流の場として利用されています。

また、毎回の活動は、地域の方がボランティアでサロンスタッフとしてサポートしています。スタッフにとっても「小さな子供たちと関わる時間が持ててうれし い。」「童心に返って楽しい時間が過ごせる。」「サロンに遊びに来る子供の成長の様子を目の当たりにできる」等、喜びの場となっています。

社協の応援・取組
「子育てサロン活動支援事業」助成金(島根県社協)


「島根県災害ボランティア隊」の派遣

東日本大震災発生以降、県民の皆さんから、被災された方・被災地の支援のために現地に赴きたいという声が多く寄せられました。島根県社会福祉協議会では、 そうした皆様の思いと被災地からの支援要請をつなぐために「島根県災害ボランティア隊」の参加者を募集し派遣するとともに、継続的な被災地支援活動を行っ ています。

社協の応援・取組
「島根県災害ボランティア隊の派遣」(島根県社協)
「災害ボランティア等関連情報の発信」(島根県社協)


島根大学と県社協の連携協力に関する協定の締結について


平成 26 年7 月2 日に、島根大学(松江市) において「島根大学と県社協の連携協力に関する協定」の調印を行いました。
この協定は、安全・安心に暮らすことができる地域社会の形成に貢献するとともに、地域住民との交流等を通して地域社会に貢献できる学生の人材育成を推進するために本会と島根大学間で締結したものです。
協定の概要は下記をご覧ください。

[ ← ホームに戻る ]