福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

CSWの概要

地域住民・施設・団体・社協の力を結集した「協働」による地域福祉の総合的な推進をめざします。

地域社会においては、人々の価値観の多様化、核家族化、人々の移動性・流動性の高まりなどを背景にかつての伝統的な結びつきが弱まり、少子・高齢化の進展ともあいまって、より一層の地域社会の脆弱化が深刻化しつつあると同時に、生活不安や自殺、虐待、引きこもり、悪質商法などの問題や、複合的な生活・福祉課題を抱える世帯の問題など、既存の制度やサービスだけでは解決できない課題が増加しつつあります。
このため、県社協では、平成17年度より、住民自身が主体となって地域の生活・福祉課題の解決をめざす「地域福祉力」の向上を図るための人材を発掘・育成することを目的としてコミュニティソーシャルワーク実践者養成研修を開催しています。地域社会における福祉サービスの重要な担い手である社会福祉施設等との連携・協働のもとに、地域社会におけるコミュニティソーシャルワークの実践をすすめていきます。


コミュニティソーシャルワークとは

コミュニティソーシャルワークとは、様々な福祉施設・機関・団体にあって、地域福祉活動を担当するワーカーが、従来の分野別、対象別のアプローチではなく、サービスを横断的に活用し、地域におけるサポートネットワークを形成しながら、地域の様々な生活課題を的確に把握し、その要因を分析・評価し、適切なサービスへ結びつけるとともに、個別の生活課題を地域で支えあう地域生活支援ネットワークを構築したり、必要に応じたインフォーマルサービスの開発などを行う支援活動です。

・地域自立生活上サービスを必要としている人に対し、
・ケアマネジメントによる具体的援助を提供しつつ、
・その人に必要なソーシャルサポートネットワーク(支援体制)づくりを行い、
・かつその人が抱える生活問題が同じように起きないよう福祉コミュニティづくりを統合的に展開する、
・地域を基盤としたソーシャルワーク実践
[ ← ホームに戻る ]