福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

がくレポ通信


実習行ってきました ! ② (安部)

掲載日 : 2017-12-04
前回、大学の社会福祉実習で松江市内にある障害福祉サービス事業所を訪れたことをお話ししました。
今回はその続きで、社会福祉士がどのような仕事をし、施設のなかでどのような役割を担っているかについて書いていきたいと思います !

施設において社会福祉士は利用者の方々やそのご家族に対して面談を行い、利用者の方の要望 (ニーズといいます !) を引き出すことで、施設でより充実した生活を送ることができるよう働きかけるという役割を担っています。
僕が実習に行った施設では、様々な障がいのある方々が利用されています。利用者の方のニーズを引き出すためには、それぞれの障害の特徴をしっかりと把握する必要があります。
また、それに加え利用者の「個別性」に着目しなければなりません。同じ障害だからといって支援の仕方や接し方を統一するのは大きな間違いです ! 利用者一人ひとりの人柄や性格を考慮したうえで接することで初めてニーズを引き出すことができるということを感じました。

前回、そして今回と 2 回にわたって実習の様子をお話しました。施設の様子や社会福祉士のことなど少しでもイメージしてもらえたら嬉しいです !
[ ← ホームに戻る ]