福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

がくレポ通信


3 月は変わり目の季節です (´ω `*) (中林)

掲載日 : 2018-03-19
こんにちは !
季節の変わり目に風邪を引いた中林です。
最近ようやく暖かくなり、春の到来を感じる今日この頃です。
でもまだまだ朝晩と昼の温度差が激しいので体調の変化にはお気を付けください☆

3 月 6 日に六日市学園でも卒業式が行われ、私が受講する介護福祉科の 2 年生と看護科の 3 年生が無事卒業されました。
あとは無事介護福祉士の資格が取得できていることを願うのみです !

そしていよいよ私も 4 月から 2 年生…と言いたいところですが、実はまだ進級できるかどうか分かっていなかったりします (; ’∀’)
明日の授業終わりに担任の先生から告知されるそうです !
どうか無事 2 年生に進級して国家資格が取れますように☆
志が小さい ?
一歩ずつ確実に進んでいくというのが今日からの目標ですので (゚∀゚)

それはそうと、今週の月曜日から 3 日間、日赤救急法という授業を受けました。
人命救助の心得や胸骨圧迫、人工呼吸に応急処置の方法など、地震などの災害が多い日本では必要となる知識や技術を学ぶことができました。
そして、講習をされた先生の一言が今も忘れられません。
「自分の命を守って初めて人を助けることができる。」
誰かを助けた代わりに自分が命を落とすというと美談に捉えられがちですが、人を助ける為に自分の命を捨ててしまっては人命救助にならないという言葉がとても印象的でした。
一人の力では限界があるからこそ、他の誰かが必要で、協力することが大切なのだと改めて学ぶことができました。
私が目指す介護福祉士も一人だけではどうしようもできない状況の時、他の介護職員や他職種の方々に助けてもらって初めて利用者さんを支えることができるのだと思います。
そんな支えの一つになれるよう、2 年生になった暁には頑張ろうと思います !

約半年の間でしたが、レポーターをしてきてとても楽しかったです。
ありがとうございました !
[ ← ホームに戻る ]