福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

がくレポ通信


人とのつながり (小川)

掲載日 : 2018-03-26
こんにちは ! 小川です。
もう春が近づいていますね。
私は島根県に来て、もう一年経ったのかとしみじみと感じています。

さて、この季節は出会いと別れの節目だということで「つながり」について考えてみました。

今月、インドに行っていきました。
インドは日本より気温が高く、交通事情が大変な国でした。
なんといっても料理には辛いものが多いという印象でしょうか。
インドには企業研修ということで、企業訪問をさせて頂きましたが印象に残っていることがあります。それはインド人の私たちへの丁重な“おもてなし”です。

私は英語が得意でもないので、話しかけてくれる言葉を全く理解できていませんでした。
しかし、インド人は私に理解できるように説明を何度もしてくださいました。
そして、どこの国の人でも、人への思いやりを持っていると改めて強く感じました。
海外の人とのつながりの根本は人を受け入れようという気持ちかなと思っています。

それは日本でもそうであり、身近に感じることで相手への姿勢が変わってくるのではないかと考えています。

皆さんは、自分の嫌いな人や性格が合わないなって思う人はいらっしゃいますか。

もしいらっしゃるとしてもおかしくないと思います。
ただ、そのような方に対して嫌という感情を出すのではなく、お互いが共通に感じていることは何かを考えながら接するようにしたらもっと気が楽になるのではないかと思っています。
もちろん、無理に合わせることはしなくていいですし、同調しすぎも良くありません。

分かっていらっしゃる方はいると思いますが、自分の個性を出しつつ、周りの人の気持ちを理解しようとする心構えが対人関係で一番大切なことだと思っています。

つながりはいざという時に大切な存在になると思っています。
長い文章となりましたが、読んでいただきありがとうございました。
[ ← ホームに戻る ]