福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

がくレポ通信


実習行ってきました ! ① (安部)

掲載日 : 2017-10-05
お久しぶりです。8 月の中頃から 3 週間にわたって社会福祉実習を行いました。今月はそこでの出来事について少し紹介しようと思います。

僕は松江市内にある通所・多機能型の障害福祉サービス事業所で実習を行いました。うわ、聞き慣れない単語ばかり出てきた ! とここで読むのを辞めないでくださいね (笑)。簡単に言うと主に 18 歳以上の障害者が自宅や入所施設から通って日中を過ごす場所のことです。ここでは様々なサービスを行い、障害のある方が充実した時間を過ごせるような場を提供しています。
今月は生活介護サービスに焦点を当て、そこでの体験を紹介します。

生活介護サービスは利用者の方々に対して入浴や食事などの介助を行うほか創作活動やレクリエーションの場を提供します。実習先の施設では的当てやペタンクなど体を動かしながら楽しめるレクリエーションが日替わりで行われています。また、月末には地域にあるカフェや施設に出かける活動も行っています。分かりにくい部分も多々あると思いますが、以上が実習先の概要です。

さて、僕は実習が始まるまで障害のある方と接した経験がほとんどありませんでした。今回実習で初めて障害のある方と深く関わり、様々な発見がありました。初日はどのようにコミュニケーションを取ればいいか分からなかったものの、実習が終わる頃には僕の周りの友人や家族と同じようにコミュニケーションを取ることができました。このことから障害のある方は特別な存在ではない。語弊があるかも知れませんがポジティブな意味で僕たちとほとんど変わらないと感じたことが実習で一番印象に残ったことです。

次回は社会福祉士の仕事にも触れながら実習での経験を書いていこうと思います ! ここまで読んでくださってありがとうございました !
[ ← ホームに戻る ]