福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

今週の県社協


長野県シニア大学とのオンライン授業

掲載日 : 2020-09-23
こんにちは ! 長寿社会振興係です。
9 月 15 日 (火) に、くにびき学園東部校と長野県シニア大学とをオンラインでつないで授業を行いました。

1 時限目は、同大学を運営している (公財) 長野県長寿社会開発センター理事長の内山二郎氏から
講義と演習を行っていただきました。
各自、事前に作成した「人生の棚卸し年表 (自分史年表)」をもとにした「人生道路地図」作成では、
初めての作業で、しかも概ね 60 年以上の人生をわずか 35 分で A3 用紙にまとめるという難しい作業で、
なかなか筆が進まない様子でしたが、オンラインで内山先生から助言が届き、次第に様々な地図が描かれていきました。
グループ共有では、だんだん話が弾んできて、一人発表するごとに拍手が起きたりしていました。
全体発表では、それぞれ山あり谷ありの人生を振り返りながら話され、聞いている方は共感したり
驚いたり、感心しながら聞いておられました。
内山先生からは「この振り返りを元に未来を考えること」「自分だけの生きがいを、社会や地域の中で
さまざまなつながりを通じて得られる、より大きな生きがいに高めること」等、激励のまとめをいただきました。

2 時限目は、内山先生を聞き手にインタビュー形式で同大学の 3 人の卒業生からも事例発表をいただきました。
入学した動機から始まり、在学中に関心をもって活動したこと や、卒業後の地域活動実践等について
詳しく聞くことができました。
くにびき学園生からは、これから 2 年間の学園生活で自分なりの生きがいを見つけていきたいという声が上がりました。
最後に内山先生から「学園生と事務局スタッフがワンチームとなって、島根県の新たな歴史を創ってください」と
熱いメッセージをいただきました。

写真左 : コロナ対策をしてグループ形式で行いました。
写真右 : 長野県シニア大学の皆さん、ありがとうございました。
[ ← ホームに戻る ]