福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

平成 30 年度島根県健康福祉祭

目的

スポーツや文化、芸術活動など多彩な催しを通じて、シルバー世代を中心とする県民の健康の保持・増進、社会参加、生きがいの高揚等を図り、ふれあいと活力ある長寿社会を築くことを目的として開催いたします。
なお、「第 31 回ねんりんピック富山 2018 」への出場選手選考会を兼ねています。


参加対象者

県内在住の 60 歳以上 (昭和 34 年 4 月 1 日以前生まれ) の方


開催概要

大会役員名簿
・開催種目

< シルバー文化交流大会 > ※終了しました


< 本会共催スポーツ大会 > ※終了しました


「第 30 回島根県健康福祉祭カローリング大会」を開催しました

7 月 15 日 (日)、出雲市斐川第 1 体育館において、島根県カローリング協会 (山崎 文夫 会長) との共催で、「第 30 回島根県健康福祉祭カローリング大会」(全国健康福祉祭予選会) を開催しました。全国健康福祉祭においては、カローリング競技は今年のとやま大会が初開催となります。カローリングは、今年の平昌オリンピックで一躍脚光を浴びたカーリングにヒントを得て、名古屋を発祥として全国に広がったスポーツです。
大会には、130 人、50 チームが参加され、35 度以上の猛暑日、エアコンの無い環境のなか、熱中症に気を付けながらプレーをされました。今回の豪雨災害に見舞われた倉敷市をはじめ、岡山県や徳島県からも参加されました。
大会の結果、優勝は荘原地区の女性チーム、2 位、3 位は県外チームでした。全国健康福祉祭の出場者についてはカローリング協会において現在調整中です。


大会関係者情報

<委託契約関係書類>

<スポーツ種目大会関係者用>
[ ← ホームに戻る ]