福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

がくレポ通信


自閉症の子どもたちの療育キャンプ (永澤)

掲載日 : 2019-10-09
こんにちは。学生レポーターの永澤千裕です。
9 月 28 日、29 日に浜田市のかなぎライディングパークで行われた島根県自閉症協会の療育キャンプの様子をレポートします。
一日目の活動では、子どもたちと一緒にお話をしながらアイロンビーズ作りや乗馬体験、馬のエサやりを楽しく行いました。私が少し怖いと思った馬のエサやりを、子どもたちは馬を怖がらずに楽しそうに接していてすごいと思いました。
自由時間には堂床山登山もして、疲れましたが、その分夕食の焼き肉がとてもおいしかったです。
夜は「働き続けるために大切なこと」と題した研修があり、自閉症の人が働き続けるためには、自分の長所や性格にあった職場が大切であることを教わりました。研修の後は参加者の方のギター演奏を楽しみました。
二日目は、島根県立海洋館アクアスに行き、大人気のシロイルカのショーも見ることができました。
今回は、「活動ペア」でいろいろな活動をすることで、ペアになった人とたくさんお話しをしながら関わることができました。
初めて参加した自閉症の人とのキャンプでしたが、参加者の方々に暖かく迎えていただき、充実した貴重な経験をすることができました。
今回のキャンプに参加にあたり、関係者の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。

[ ← ホームに戻る ]