福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

「シルバー美術展」とは…

島根県内在住の60歳以上の方を対象とした公募展として、文化・芸術活動を通じた生きがいづくり、健康づくり、仲間づくりを促すことを目的に、1989年の第1回展開催以来、毎年開催しています。
日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の6部門で構成し、各部門上位入賞作品は「全国健康福祉祭美術展」に島根県代表作品として出品されます。


平成 29 年度島根県健康福祉祭「シルバー美術展」

開催期間中は多くの方にご来場ご観覧いただきありがとうございました。

期間・会場

●会場
島根県立美術館 ギャラリー

●期間
平成 29 年 5 月 26 日 (金) ~ 29 日 (月)


出品数

日本画 洋画 彫刻 工芸 写真 合計
9 点 26 点 10 点 44 点 33 点 49 点 171 点


表彰式

平成 29 年 5 月 26 日 (金) 10:30 ~ 11:00





●島根県知事賞




●島根県社会福祉協議会会長賞

●受賞者集合写真



●ギャラリー













島根県知事賞


< 日本画 >
「共に」 / 菅野 あい子

■作者コメント■
穏やかな春めいた日、ペンギン達が、恋を歌うかのように、互いに鳴き合い、仲睦まじい様子を見て、新婚の娘夫婦を重ね合わせました。共に末永く幸せに。


< 洋画 >
「時.出会い」 / 間庭 喜美江

■作者コメント■
油絵と出会い大樹を探してはそのパワー、気をもらい夢中になる。仲間達も「この樹は貴女が描きたいと思うよ」と情報をくれる。初めての朽ちゆく大樹、心ひかれ今この時、この巡り会いが嬉しい。師、共に感謝致します。


< 彫刻 >
「聖観音立像」 / 島田 洋三

■作者コメント■
年金生活も 14 年経過しました。趣味を見つけて頑張ろうと、やっと辿り着きました木彫です。年に一作品のペースでコツコツと掘って居ります。うまくは彫れませんが私はこんな事が出来て幸せ者です。


< 工芸 >
「青瓷花器」 / 西田 弘志

■作者コメント■
陶芸を始めて今年で 12 年目となります。今回の作品は青磁釉で外形の稜線に濃淡をつけ躍動感を出そうとしましたが、未だ未だです。今回の受賞を励みとしてこれからもできるだけ永く続けていこうと思っています。


< 書 >
「日々是好日」 / 雲石 邦子

■作者コメント■
今回最高の知事賞を頂き本当に夢の様です。朝、目が覚め今日は何をしようか、計画通り出来た夜、あゝ今日も好い日だった満足ゝと云えるように、二十名で始めた友も今は五名で頑張っています。此れからも怠けず筆を持ち続けます。


< 写真 >
「祈り」 / 島本 睦男

■作者コメント■
昨年秋外孫の七五三のお参りに行った時のスナップです。会社退職と同時に写真を再開しイベントや祭り等を撮っております。今回の受賞を機にさらに努力を致します。


島根県社会福祉協議会会長賞


< 日本画 >
「枇杷の花咲く」 / 石倉 由美子

■作者コメント■
冬の到来も間近く思われる季節、鵯のけたたましい声の先、葉陰に咲く白い花、寒さに向かい、いとおしく感じる枇杷の花でした。季節の花や、木々の変化を楽しく思い、日本画に触れる事になりました。常に苦心作です。



< 洋画 >
「きっと明日はいい天気」 / 水野 博司

■作者コメント■
ウォーキングしていると雨上がりの水田と虹が出ていて描いてみたい風景だったので写真を撮って帰りレイアウト、スケッチなどして 2 枚ほど下書きをして 2 ヶ月半位で仕上げました。切り株を描くのに苦労しました。



< 彫刻 >
「祭だ、ワッショイ」 / 石田 絹子

■作者コメント■
彫刻を始めて約 13 年、この度社会福祉協議会会長賞を頂きとても感動を致しました。この作品の一番難しかった所は子供の全体の動きとバランスを試行錯誤し、健康を願い今後も良い作品を目指す様頑張ります。



< 工芸 >
「釉象嵌菱紋壺」 / 山田 正彦

■作者コメント■
退職後の健康維持に陶芸を選択。以後 15 年間作陶を継続中。今次 4 度目の全国へ出展。今回初めて釉象嵌に挑戦、成形、紋様の線刻彫り、色釉作りと埋め込み、施釉等を体験。今後の八十路も陶芸を前向きに続けます。



< 書 >
「砂」 / 西村 巴

■作者コメント■
鳥取県の砂の美術館で見た作品の素晴らしさに感動し、砂丘に立ち砂の輝きと自然の表情に心動かされ夢中で書いた作品です。いつも仲間に支えられ楽しんでいる「書」で入賞することができ、これからも無理をせず楽しみたいです。


< 写真 >
「ホリデー」 / 内藤 幸江

■作者コメント■
シルバーにはなりたくありませんでした。でも立派な賞を頂き有難うございました。心まで老いてはならじと自分に云い聞かせています。黄泉からの誘い断り撮影会 散り際に一花咲かす心意気



第 30 回 島根県健康福祉祭 シルバー美術展のご案内

期日 平成 30 年 6 月 15 日 (金) ~ 18 日 (月)
会場 島根県立美術館 (松江市) ギャラリー
募集部門 日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真
応募締切 平成 30 年 3 月末頃
出品資格 島根県内に在住する 60 歳以上のアマチュアの方



問い合わせ先
地域福祉部 長寿社会振興係 (シルバー美術展係)
TEL. 0852-32-5981 FAX. 0852-32-5982
[ ← ホームに戻る ]