福祉のまちづくり ボランティア 中高年者
いきがいづくり
相談・生活支援 障がいのある方の
社会参加支援
子育て支援 ともにめざす
わが島根(まち)づくり
島根県社協
について

平成 23 年 3 月 11 日に発生した東日本大地震は、戦後の日本において最大級の被害をもたらしました。地震被害に加えて、津波による甚大な被害、そして原子力災害も加わり、これまでの災害とは比較にならないほど広範囲で長期的な支援活動が必要となっています。
また、近年、県内はもとより全国各地で頻発する災害に対して、被災地・被災者のニーズに対応した迅速な災害ボランティア活動を展開することが求められています。

詳しくは下記をご覧ください。


島根県立大学と災害ボランティアに関する協定を締結


協定を締結し、握手する本田理事長(左)と江口会長
平成 26 年 2 月 20 日に、島根県立大学浜田キャンパス (浜田市野原町) において「島根県社会福祉協議会と島根県立大学間の災害ボランティアに関する協定」の調印を行いました。
この協定は、東日本大震災をはじめ、平成 25 年夏の島根県西部大雨災害時における本会と島根県立大学間の協調した対応を踏まえ、災害時の被災者支援活動を迅速かつ効果的に行うために締結したものです。

協定の概要は下記をご覧ください。
[ ← ホームに戻る ]